WJFCについて 講座・セミナー申込み 過去の講座オンデマンド配信 会員サービス 異文化人材データバンク コラム

月例研究会の開催予告

内容の紹介

タイトル
中国企業による対日M&Aの最新動向
開催日時
12年09月21日 18時00分~12年09月21日 20時00分
種類
月例研究会
予告内容
 近年、中国企業による日本企業のM&Aの成功案件から見れば、1)目的の多様化、2)従来取引関係の延長、3)華人人脈の活用、4)大企業のスピンアウト等の特徴はまとめられる。

 日本に対する理解不足などの中国企業側の問題、と、遅い経営意思決定などの日本企業側の問題により、両国の投資・貿易など経済活動に比べ、中国企業の対日M&A実績は大幅に遅れている。幸い、蘇寧電気、山東如意やハイアールなど買収成功事例が増え、双方理解の改善されており、今後さらに増えると見られる。

【ご注意】講師の都合により、開講日時が変更となりました。ご注意ください。
受講料
会員:無料
開催場所
早稲田大学西早稲田ビル(19号館309研修室)

この講座をWEBで申し込む    この講座をFAXで申し込む

担当者の紹介

所属
組織
チャイナリスト投資顧問有限公司 
肩書
CEO
氏名
孫 田夫
紹介文
チャイナリスト投資顧問有限公司 CEO

日本貿易振興機構(JETRO)の対日投資産業スペリスト、日本大型PEファンドの中国顧問、中国大型電子機器メーカーの日本戦略顧問、なども兼務。

中国人民大学卒業後、1988年来日、東京大学修士課程・博士課程を経て、日本債券信用銀行(あおぞら銀行)、日本IBM金融コンサルティング部門、ドリームインキュベータ、みずほ証券、三菱UFJ証券など、一貫して金融畑を歩み、2009年北京でチャイナリスト投資顧問公司を設立し、日中企業の経営資源の融合を推進し、日中企業M&Aに専念。

2015年9月から、東京と北京の間で往復する日々で、二都物語を再現

この講座を申し込む    この講座をFAXで申し込む